前へ
次へ

歯医者が行う審美治療の内容

歯医者というのは虫歯ができた場合の治療を行うと病院いう印象を持っている人が多いのですが、実際には多くの治療を行っています。
現在では歯周病対策のための歯石除去や舌の汚れを取るというようなものも行われていますが、治療とは違う診療で注目されているのが審美治療です。
審美治療とは歯のホワイトニングという表現も使われていて、特に悪くなっていない歯の表面を磨いたりコーティングを施し、白く見た目に美しい歯を表現する診療を言います。
これは以前であれば人前に出るような仕事を行っている人が見栄えを良くするために行われていましたが、それが一般の人にも広がって歯医者でも通常の診療の一つとして実施されるようになっています。
審美治療には歯の表面を美しくするだけでなく、歯並びを矯正する施術も該当しています。
この歯科矯正は歯並びが悪くて咀嚼などに影響を及ぼしている人に対して歯並びを正しい位置に戻す治療ですが、審美治療では特に咀嚼には問題がなかったとしても、見た目を重視して実施している人が少なくありません。
今は一般人でも対面して話をする場合に自分の歯の見え方を重視するようになっていて、それまでは特殊な歯科の治療であった審美治療も、普通の治療の一つという位置付けになっています。

Page Top