前へ
次へ

痛いのが嫌で歯医者嫌いになってしまう

虫歯の治療のことを思い出してみると、痛かったという記憶を持っている人がいます。
痛いなという印象を持ったのならば、歯医者に行きたくないという気持ちを抱いても仕方がないことです。
痛みに敏感な人は当然歯医者を嫌いという気持ちを持つことになるでしょう。
ただ、最近の歯科は歯を削る前に麻酔をかけることが多くなってきていますので、麻酔のおかげで痛く無かったりします。
麻酔をかける時に痛みが出るのではないかと思うかもしれませんが、表面麻酔をかけてから注射をしますので、それほど痛みを感じずに済みます。
痛さに関して不安があるならば、あらかじめ歯医者に対してそういうことを告げてみるのもいいでしょう。
そうしたら、痛くないように何らかのサポートをしてくれたりしますし、最近では歯科医療の進歩により、少しずつ無痛で受けられる治療が普及していたりしますので、それほど気にしなくてもいいです。
あまり気にし過ぎることなく、歯医者に行ってみてはいかがでしょうか。

Page Top