前へ
次へ

インプラントを検討するとき歯医者に尋ねること

歯が抜けたときには差し歯として義歯を入れる必要があります。
抜けた状態にしておくとその横の歯に影響することがありそれらも抜かなくてはいけなくなるかもしれません。
さらにその隣の歯も悪くなるとどんどん歯が失われていきます。
一般的には金具で両脇の歯に引っ掛けるタイプを使うことが多く、歯の形はしていても噛むときの不安は残ります。
このときインプラントを選択すれば自分の歯のような噛み応えが戻るので、選択したいと考える人もいます。
インプラントを受けるにはそれに対応した歯医者に行く必要があります。
この治療は自由診療になり健康保険は使えません。
治療費も高くなるので、行うときには十分内容を知った上で行うようにしましょう。
インプラントをしようとするときは歯医者選びも重要になりますが、このとき行ってすぐ治療を前提の話をしてくるならあまり良いといえません。
インプラントはメリットも多いですがデメリットもあり、歯の環境を悪くするときもあります。
きちんと検査をした上で、デメリットも話してくれるところの方が安心です。

Page Top